GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーン

gmo201710

2017年9月のキャッシュバックキャンペーン概要・条件

  • 支払い時期:お申し込みから11ヶ月後
  • キャッシュバック条件:特になし
  • キャッシュバックの支払い方法:受け取り指定した銀行口座へ振り込み

【注意点】「ご指定口座確認通知メール」が11ヶ月目にgmobb.jpメールアドレス宛に届くので、それに返信することで翌月振り込みがされます。gmobb.jpのメールアドレスをしっかり確認することが必要です。

■その他のキャンペーン特典

  • 毎月100pt(100円相当)を付与→翌月以降の月額料金支払いにあてられる
  • 端末代が無料
  • 開通月の月額料金が無料

選べる機種

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT W02
  • Speed Wi-Fi HOME L01
  • novas Home+CA
  • Uroad Home2+

キャッシュバック金額の詳細について

選ぶ端末及び、クレードルを付けるかによってキャッシュバックの金額が変わります。

■Speed Wi-Fi NEXT W04:

  • クレードルなし:31,000円
  • クレードルあり:28,100円

■Speed Wi-Fi NEXT WX03:

  • クレードルなし:29,500円
  • クレードルあり:26,000円

■Speed Wi-Fi NEXT W03:

  • クレードルなし:32,200円
  • クレードルあり:29,200円

■Speed Wi-Fi HOME L01:

  • 29,100円

■novas Home+CA:

  • 28,500円

評価・感想

なぜとくとくBBはキャッシュバックが高いのか?

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴はなんといってもキャッシュバック額が高いことが特徴です。なぜいつもこんなに高いのでしょうか?考察してみました。

1. 他社徹底抗戦の姿勢

明らかに、他社のキャッシュバック額をリサーチした上で、それを上回る金額を設定しています。比較するとわかりますが、キャッシュバックの最大額が他のWiMAXプロバイダよりも高いのです。

2. ルーターの在庫管理がうまい

例えば、WX02がリリースされてから、下位互換となるWX01がすぐになくなります。ルーターの在庫管理がうまい証拠ですね。その分の余剰資金をキャッシュバックに充てることができます。

3. GMOが儲かっている

こう言ってしまうと元も子もない気がしますが、GMOインターネットグループは儲かりまくっていますからね… 体力が他とは違います。インパクトのあるキャンペーン特典のおかげでユーザー数がとても多くなっているので、全体としてペイできるんでしょうね。

毎月の100ポイントが地味に嬉しい

毎月GMOのポイントが100pt(100円相当)付与されます。これ、翌月以降の月額料金にあてられるので、実質的には月額料金は3,609円→3,509円 ということになります。2年間のメリットは100円×24ヶ月=2,400円。地味に嬉しいですね。

注意点

注意点としては、支払い時期が11ヶ月目と遅く、連絡がgmobb.jpのメールアドレスに届くことです。スケジュール帳に書き込むなどの対策をとり、もらい忘れしないようにしましょう。

もっとも、キャッシュバックキャンペーンは他の会社も13〜14ヶ月目の支払いとなっています。ここは割りきるのがベターでしょう。

まとめ

「乗り換えとか面倒だから同じプロバイダをずっと使うよ」という人にとっては、キャッシュバックの総額が大きいため良いプロバイダとなるでしょう。回線品質は特に問題ありませんので、上記の注意点さえ気をつければとてもお得で安心感のあるプロバイダです。

ちなみに筆者はほぼすべてのプロバイダを利用してきましたが、2016年現在利用しているのがこのGMOとくとくBB WiMAX2+です。昔に比べてサービス品質も改善したので今回選んでみましたが、特に不満なく利用できていますね。

キャッシュバックに関しては気長に待つ姿勢です。忘れた頃にやってくるキャッシュバックは、棚ボタのような嬉しさがあるものです。選んで間違いのないWiMAXサービスであることは確かです。

WiMAXキャッシュバックランキング
サブコンテンツ
運営者情報